久留米絣のハギレ

久留米絣とは日本三大絣の1つで、

福岡県筑後地方にて江戸時代後期に 「井上伝(いのうえ でん)」という当時12歳の少女が、

衣服の色あせた所を解き それをヒントに糸の状態で括って、染め分けをして、

柄を出す技法を考え出し、今まで引き継がれている伝統工芸品です。

昔の織機で織られているのが特徴で着物の布幅で(約37cm前後ほど)

タテ糸のテンションが緩く肌ざわりが良いのが特徴です。

うなぎの寝床にて作られる「MONPE」に裁断される際に切り落とされた

「端切れ」を再度使いやすいカタチに1つ1つ手作業にて裁断して、

様々な柄を楽しめるようにアソートにして袋詰めしています。

Recycle Yarnとは綿から仕入れもつれあった繊維を何度も丁寧に解きほぐし、

長繊維だけを選りすぐって糸を紡ぎ、

染めからTシャツ、生地まで一貫して生産する際に

生地の端をカットしてロール状に巻いていく際に出てくる「紐状の端材」です。

 

役30〜35反(1反約40m)が絡まりあって袋に入っている物を

1つ1つ丁寧に手作業でほどいて1玉(1反)づつカタチにしています。

Recycle yarn

Recycle Cottonとは綿から仕入れもつれあった繊維を

何度も丁寧に解きほぐす際に出てくる短繊維で、

ガラが少なくなめらかで肌さわりの良い、綿100%のわたです。

Copyright © 2018 Tumuguproject All rights reserved.

当サイトの掲載情報や画像等の全てを無断で転載、転用、複製、使用することはご遠慮下さい。